Books for cooks

今回の渡英の目的の1つだった
こちらの本屋さん、ノッティングヒルにあります
料理に関する本ばかりを扱っているのですが、その中のレシピで作ったお料理をお店の奥で食べることができます
ちょっとしたクッキングスタジオといいましょうか
d0260148_03044288.jpg

d0260148_03032118.jpg

d0260148_03034647.jpg

今日のランチは
・ブロッコリーとスティルトンという青カビチーズのスープ、オニオンブレッド添え
・ラザニア
・マンゴーとキャラメルのケーキ
・紅茶
d0260148_03102578.jpg

d0260148_03090350.jpg
久しぶりにお腹いっぱいに!
たまたま同席になったイギリスご夫人から
アフタヌーンティーがディスカウントで予約できるサイトを教えてもらったり
収穫の多い1日となりました
曜日によってお魚料理、野菜料理ときまっているらしいので
また是非参加したいお店でした
しかし、このスティルトンというチーズを調べてみたら、イギリスのチーズでこれを食べた夜は悪夢をみるとか、、、
本当かどうか楽しみなような、、、

🌷ロンドンちょい住みいろいろ
我が家のかわいこちゃん
d0260148_03193843.jpg

掃除機って引っ張っても突っかかることありますよね、でも振り向いてこんな顔されたらイライラも吹っ飛びます〜
その上素晴らしい吸引力で働き者です
(この子はヘンリー君といって、昔からイギリスで親しまれている掃除機らしいです)

[PR]
# by tulipteatime | 2018-01-11 02:56 | Comments(0)

V & A ミュージアムのカフェ 再訪

d0260148_01062575.jpg
ウィリアムモリスの装飾の美しいカフェへ
前回は時間がなくお茶が出来なかったのですが
今回念願叶いました!クリームティー
グランドピアノからゆるーいメロディー
理想のティータイムに大事なものは
美味しい紅茶とお菓子はもちろん
空間演出や音楽も含まれますよね
そして楽しいおしゃべり!


🌷ロンドンちょい住みいろいろ
この日は金曜日の夜で、古いタペストリー展示の部屋で
キャンドルナイトコーラスを聴きました
体調を崩していたので
こちらで買った強い解熱剤Paracetamolを投入してからの参加
そのせいなのか
アドベントの内容の賛美歌があまりに美しかったせいなのか
まるでフランダースの犬のラストのネロのように
私は天に召されてしまいそうでした

d0260148_01170833.jpg
インフルエンザだったのかも、、、
元気になりました!


[PR]
# by tulipteatime | 2018-01-07 01:04 | Comments(0)

明けましておめでとうございます

2018年、はじまりました!
今年は紅茶にどっぷり浸りたいと思います

ここシェパーズブッシュからレンタサイクルで10分ほどで
ノッティングヒルまで行ってきました
お目当てのポートペローマーケットは今回で4度目
前回五年前に買ったシルバーポットのお店も
場所も変わらずオープンしていて
戻って来たんだなあと嬉しくも感慨深くもあり、、
d0260148_01301655.jpg
そして今回もシルバーポットとミルクピッチャーを購入
シルバーティースプーンはまた今度のお楽しみ
陶器のポットも好きですが
なんといっても割れない点はそそっかしい私にはぴったりです

d0260148_01230558.jpg

🌷ロンドンちょい住みいろいろ
元旦はクリスマスほど盛り上がらないのですが
昨夜は外の花火の音で目が覚め
新年を知りました

d0260148_01251074.jpg



[PR]
# by tulipteatime | 2018-01-02 01:17 | Comments(0)

およばれ

年の瀬ですね
今年は皆様にとってどんな一年でしたか?
私はポルトガル旅行に始まり、今はイギリス
海外に縁のある年
英語の勉強も頑張った年
なかなか刺激的でした
さて今日もそんな出来事がありました、
夫の仕事でお世話になっている方のお宅に、お茶に招待され家族で伺いました←こういう場合、基本的に家族で、なんですよね
あまりない機会で
私の悪い癖、余計なことを話さないように気をつけようと、、、いつになく緊張

しかし、出迎えてくれたのはかわいいお嬢ちゃんたちと、素敵なご夫婦、そして
クリームティ!
ミルクティーとスコーンのセットのことです
まさにイギリス的です
d0260148_14001780.jpg

クロテッドクリームとジャムは欠かせないもので、どちらからスコーンにトッピングするかは、コーンウォール式、デヴォン式、と別れるそうで
私は後者の先にクリームを塗る派です
見た目が綺麗だからという単純な理由ですが、もしスコーンが熱々なら、ジャムが先の方がいいですねえ
どうでもいいことのようですが、考えてるだけで幸せになるんです(笑)

紅茶はマリアージュフレールのディンブラ
やっぱり日本で飲んだ時と味が違います
渋みがまったくありません

つくづく感じたこと
紅茶があると、その場がリラックスして暖かな気持ちに、まさにコージーな空間になります
おかげでお話もはずみ
息子がピーターパンをみてから船好きになった話をすると、なんとその作家のお宅はすぐ近所で、舞台にもなった場所でもあるとか
この高級住宅街の雰囲気、確かに、、納得
ここからウェンディが飛んでいったのかと思うと感激です
素敵なティータイムの思い出ができました!

🌷ロンドンちょい住みいろいろ
ケンジントン公園にはピーターパンの像もあるらしく、&緑のかわいい野鳥もいると教えてもらいました、晴れた日にお散歩します←いつになるやら

[PR]
# by tulipteatime | 2017-12-31 13:43 | Comments(0)

レモンドリズルケーキ

今回、ぜひ習得したいと思っていたイギリスの代表的な焼き菓子、レモンドリズルケーキ

d0260148_15400807.jpg
ティールームではなく、コーヒーをメインにしたような、ちょっとしたカフェにも、ヴィクトリアサンドイッチケーキやスコーン、キャロットケーキが並んでいたりして、こちらの方にとって定番なんだと感じます

さてお味の方は、、、
しっとりとしてい、いや、ねっちょりしていて、レモンのピールが所々に入っているため、その食感がなんとも絶妙です

ドリズルとは、したたる、みたいな意味です
パウンドケーキを焼いた後にレモンシロップを上からかけるという作り方で、これによって
パサつきを抑え、しっとりと仕上がるのでは⁈と思って何度も試作していましたが、、、
そもそも、イギリスのバターや小麦粉の違いがあるからこんな仕上がりなのかなあと、先日のキャロットケーキも然りで
いや、この気泡がない切り口からベーキングパウダーを入れないで、あまり焼き込んでいないのかなあ、、。
妄想は膨らみますが

しかし、しかし、ミルクティーとのマッチングは至福のひとときで、いくらでも食べれてしまいます。甘さが控えめで、一口が重くないからでしょうか、危険がいっぱいのイギリスです

🌷ロンドンちょい住みいろいろ
よく、水に合うとか合わない、とかいいますが、今回、硬水が体質に合わないようでお腹の調子がイマイチです、、あ、水ではなく甘いものの食べ過ぎ?!
d0260148_23295850.jpg
今日は初めての晴天
住まいは半地下←使用人がだいたい住んでいたらしい(^^)

[PR]
# by tulipteatime | 2017-12-28 15:31 | Comments(2)