コーンウォール シアター

長年いつか行ってみたいと夢みていたミナックシアターへ
ここは西の果てランズエンドのちかく
極東から、とうとうこんなところまで来てしまった、と感無量
ちょっとイカれています
d0260148_04365076.gif

ミナックさんという女性が50年という歳月をかけて
一人で石を組んで作ったそうです
ここで劇を見たいな、っという願いを叶えるために
冬場はこんな冷たい猛烈な海風に晒される
足場の悪い果ての果てに、膨大な時間と体力をかけて作り上げた、、、
やっぱり同じ人間が、それを成し遂げたと思うと感動します
そして、とてつもない夢を持つことに勇気がもらえました
夏には今でも上演されているそうです
こんなところでセットを組み
こんなところまでお客さんも700人はくるそうで、、すごい!
真夏の夜の夢なんてみれたら最高だろうなあ


さて本題のクリームティーです
常設されているカフェ
シアターとその背景に大きな海
d0260148_04372711.gif

スコーンはかなり大きくて驚きました、これがコーンウォールのスコーンか
もろっとしているけれど舌触りはなめらかです
あとこの地方は軟水みたいで、紅茶の味が違います
しっかりとした味と香りがありl、時間がたっても濁らない
ストレートでもおいしい!

夢が叶ったという喜びを噛み締めながら
ここにも海のみえる理想の紅茶時間がありました


🌷コーンウォールちょい住みいろいろ
セントアイブスで借りた家は
海を見下ろす最高のロケーション
d0260148_04410987.jpg

朝はカモメの鳴き声で目を覚めまし
今日はどんな海なのだろうと
カーテンを開けるのにワクワクします
ハンモックもあって、こんな家にいつか住みたい!
今回Air B and Bを利用してよかったです
上にステキな家主さんが住んでいるので
何かと心強くアットホームな感じ
サーフォー家族でラッキーという犬が可愛くって
気立ての良い明るいシルビアさんはブルガリア出身で
頼もしい旦那さんはリバプール、20年前にドバイでロマンスがあり
ラッキーもドバイ生まれ、世界は広いなあ
ほら、めちゃ可愛いお嬢さんだよ、息子よがんばれ!






[PR]
by tulipteatime | 2018-03-03 23:55
<< デヴォンシャーの港町プリマス ナショナルポートレートギャラリーで >>